忍者ブログ
小屋番のブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 おはようございます。
本日、江ノ島は太平洋沖を通過する低気圧からの強い南風を受けて朝から続いた強い雨は9時半現在止んでいるものの風は未だに強く吹き続けております。片瀬大橋に数本立つパインツリーはその風を受けて大きく揺れております。

南風により海も大きく波打ち、当店2階から見える江ノ島東浜の沖合では白波が立つ程荒れています。
ただこんな悪天候の中でも海を愛する人達の姿は格好いいですね。
日本が不況、不況と言って暗いニュースばかり耳にして日本人は元気が無いイメージですが、こんな大海原に出る人達がいると思うと暗いニュース等吹き飛んでしまいそうです。

先ず、漁師さん。
本日朝当店に出勤するやもう料理長初め、料理人が魚を捌いていました。
さすがにこんな天気だったら船が出てないから魚は入らないでしょう。と思っていた自分が情けなくなるくらい、沢山の鮮魚が当店にはありました。当店では朝捕れの新鮮な魚を片瀬漁港から直接仕入れております。そのため新鮮で美味しいお刺身や地魚料理を出す事ができます。天気が良い日は海は気持ちいいですが、こんな天気の日は本当に死にものぐるいです。増して日が明ける前の真っ暗な豪雨の中、必死になって魚を捕って来てくれる漁師さんは本当に凄いですね。

次はサーフスクール生です。
当店隣のサーフスクールでは朝も早くからウエットスーツに身を包んだ、がっしりとした体系の先生達の後を、大きなボードを手慣れない手つきで強風に煽られながら少し不安な気持ちで海に向かうスクール生の後ろ姿を見ると、自分も何か始めてやろうと思います。

最後は当店従業員のH氏。
学生時代から親しんだヨットを、今日は後輩達に教えるために某ヨットハーバーに練習として朝から行っております。大学一年生になったばかりの新人を大しけの中乗せるというのです。ただし、それは世界選手権にも出た実績と経験、そして自信があるH氏やそこを牽引する当店オーナーが居るからで生半可な人が到底出来ることではありません。(って私はヨット初心者なので詳しい事はそこまで分かりませんが。)新入生にはほろ苦い経験かもしれませんが、こんな天気の日に沖に出るという行為と経験は自分の中で大きな糧にもなると思います。

話が長くなってしまいましたがまた次回に続く。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
本日星空
最新CM
[11/04 Steven]
[07/09 かみや]
[03/02 鹿渡島定置 栗原]
[01/09 小屋番]
[01/08 よしだ]
プロフィール
HN:
小屋番
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]