忍者ブログ
小屋番のブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちわ。今日は雲一つ無い、突き抜けるような青空が空一面に広がり江ノ島周辺は休日という事でたくさんの人で賑わっています。片瀬江ノ島東浜には、白い帆をなびかせて優雅に走るヨットとその先には三浦半島が一望でき、西浜側は、寒い中昨日の南海上を通過した低気圧のうねりでサイCIMG7468.JPGズのあがった波を老若男女問わず楽しんでいる大勢のサーファーと雄大にそびえ立つ白化粧をした富士山が見えます。
ランチの時間にご来店頂いたお客様にも当店名物の太陽の光がキラキラ照らされた境川の光を堪能しつつ朝捕れの新鮮なお魚を食して頂き満足してもらえたのではないでしょうか。

話は変わりまして、昨日当ブログで小屋のまごころについて少し書かして頂きましたが昨夜の営業中にそのまごころが形となるとても幸せな出来事がありました。その写真が左のものですが、昨日ご来店頂いた二人組の女性のお客様がさりげなく帰り際にテーブルマットに書き残してくれた文章は本当に本当にまごころのこもった贈り物でした。そこには、

 おにぎりの にぎる手のやさしさに感激
   そして、感謝します 美味しかったです
      ありがとうございます 

と書かれありました。書かれた方は2名様でご来店頂いてカウンターに御座りになっていた女性の方です。事の経緯はお客様のご希望でメニューには載っていない「おにぎり」をお出しした事に対する感謝の言葉を頂いたという事なのですが、今のこのご時世で「おにぎり」だけでここまで人を感動させ置き紙をして頂けるという出来事が起こるとは思ってもいませんでした。私はホールで接客をしており、新鮮な地魚という素材と割烹料理一筋で修行を積んできた料理長兼店長の絶品の料理のおかげで、お客様にはお帰りの際に「おいしかったです。また来ます。」とか「おいしかったです。ありがとうございました。」というお言葉を頂くことが幾度かありその度に、「ありがとうございました。またご来店お待ちしております。」とお礼の言葉を述べるのですが今回の出来事は格別に嬉しかったです。頂いたこの一枚を大切に大切に心にしまい今後益々お客様に食を通して感動を提供できる様、邁進して参りますので今後とも宜しくお願いいたします。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
本日星空
最新CM
[11/04 Steven]
[07/09 かみや]
[03/02 鹿渡島定置 栗原]
[01/09 小屋番]
[01/08 よしだ]
プロフィール
HN:
小屋番
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]